M3ナーシングパートナー利用規約

本規約は、M3ナーシングパートナー(以下「本サービス」といいます)をエムスリー株式会社(以下「当社」といいます)が提供するにあたり、申込者と当社との関係を定めるものです。

第1条 (本サービスの内容)

1. 本サービスは、当社との間で契約を締結する看護師・介護スタッフ等(以下「訪問看護師等」といいます)が利用者のニーズに応じて日常生活の支援、外出の支援等を提供するサービスです。
2. 医療的な措置を本サービスの内容に含める場合は、医師または医療機関が発行する看護指示書が必要となります。
3. 当社は、訪問看護師等に身分証を常に携行させ、利用者または家族から求められた場合は、これを提示させるものとします。

第2条 (利用申込み)

1. 本サービスの利用申込みは、本規約を承諾の上、当社所定の方法により行うものとします。
2. 当社は、本サービスの利用申込みがあった場合において、申し込まれたサービスの提供が可能と判断する場合は、申込者に対し、利用料の見積もりを提示するものとし、申込者がこれに同意した時点で、本サービスの実施が確定するものとします。
3. 当社は、本サービスの利用申込みを受諾する義務を負わないものとします。
4. 申込者は、自己が利用者ではない場合には、利用者に本規約を同意させるものとし、利用者の行為に関し一切の責任を負うものとする。また、利用者が本規約に同意していないことを理由として当社または第三者が損害を被った場合は、申込者はそれによって生じた全ての損害に関して賠償責任を負うものとする。

第3条 (サービス提供の記録等)

当社は、本サービスを提供した際には、当社所定のサービス提供記録等の書面に必要事項を記入し、申込者の確認を受ける事とします。

第4条 (利用料)

1. 本サービスの利用料は、第2条第2項により当社が提示する金額とします。
2. 申込者は、当社が定める方法により、本サービスの利用料を当社に支払うものとします。

第5条 (損害賠償)

1. 当社は、サービスの提供にあたって利用者に損害を与えた場合には、その損害を賠償致します。ただし、当社の責任は、当社が加入する賠償責任保険により支払われる金額を限度とします。
2. 当社は、本サービスの提供中に利用者の病状の急変が生じた場合、その他必要な場合は、速やかに主治医または協力医療機関と連絡を取るなど必要な措置を講じるよう努めるものとしますが、当社の故意または重過失による場合を除き、利用者の病状の急変に起因して利用者に生じた損害については、責任を負わないものとします。

第6条 (秘密保持)

当社は、本サービスを提供する上で知り得た利用者及びその家族に関する秘密・個人情報については、利用者または家族の同意がある場合を除き、生命・身体に危険がある場合など正当な事由がある場合を除いて、第三者に開示・漏洩しないものとします。

第7条 (規約の変更)

当社は、本規約の掲載事項につき修正、変更、追加をする必要が生じた場合及び疑義が生じた場合、当社所定の方法でお客様に通知し、本規約を変更できるものとします。

第8条 (紛争解決)

本規約に定めなき事項および本規約の条項につき生じた疑義については、両者誠意をもって協議の上、信義に則して解決するものとします。万一、本規約またはその不履行に関し訴訟を提起する場合は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。


2019年7月1日 作成
2019年9月11日 改定